書籍やゲームの買取は年齢制限に注意

引っ越しや掃除などをきっかけに、整理整頓しきれなくなった物の処分を検討することがあります。
子供の部屋を掃除する場合、子供用の本は以外と場所を取ります。
また、ゲームをやり込むうちに飽きて使わなくなったソフトも少なくないでしょう。
古書店ではゲームの買取にも対応するので、一緒に持って行く方も多いのではないでしょうか。
古書やゲームの買取店は店内の雰囲気が明るく、子供だけでも行きやすい所です。
しかし、買取取引をする場合は親が付き添わなくてはいけません。
中古品の売買取引に当たるため、未成年者では取引ができない店舗が多いです。
子供の代わりに親が手続きをする必要があるからです。
買取をする際には、親の本人確認の書類を提出します。
申込をする人が実在するか、年齢は成人に達しているか確認をするためです。
運転免許証であれば顔写真と年齢が確認しやすいです。
免許を取得していないのであれば、マイナンバーカードや保険証で構わないでしょう。